« しつこく言う | トップページ | 金の切れ目が縁の切れ目 今月今夜のこの月を »

ワタシだけの汗まみれのスター

出会いは忘れるくらい昔だ

その頃 レコード屋(CD屋じゃないよレコード屋!!)で

ビデコンってやつを良くやっていた

そのレコード会社のおすすめアーティストのMVをレコード屋の小さな小さな

部屋に押し込んで(人気のアーティストさんは整理番号が必要だったんだぜ!!)

放映するっていうね

その時しか見られないものも多いから 必死こいて学校帰りや仕事帰りに

行っていたんだぜ(・・・ん?なぜ ~だぜって言っちゃうのかしら?)

ま ご贔屓さんがいたり お友達のお付き合いだったりして

そんなこんなで 『この人 怖い!!ぜったいにライブとか観られない』って

思ってた人に ハマッテいくわけだ

この人 産みたいって 思ってたくらいだからcoldsweats01

この人 子供に持ちたいって 真剣に思っておったのよ その頃のワタシ

同級生気分で応援するワタシ

ともに年齢を重ねる

彼は 彼のポリシーがきちんとある人で

(もしかしたら音楽を前にした時だけかも?)

その言葉を聞くことも楽しかった

「レコーディングは自分のためにやる 

コンサートはファンの為にやる」って

はっきりくっきり いつでも言ってくれていて

(なんども書いてる気がする)

その通り 彼の作り出す音楽の世界は

彼しか作り出せず 表現できず

魅了させる

彼しかダメな人間を作り出していく

ワタシもそんな人間になり(元来思い込み激しい方なので) 

『彼の音楽さえあれば なにも ほかになにも音楽がなくても

ぜんぜんOK(おげっって読んでね)!!』って

思っていたの

今も 行きたいよ その人のライブ

でもね 決めていることがあって

その人が 新しくアルバムを出すことができたら その時は聴きに行こう って

思ってる。

たぶん 鷲掴みにされて 腑抜けにされて

ふわふわしてる底なし沼みたいなのにはまって

苦しむだろうな

でも その人は もう 随分とアルバムを出さずにいる

シングルはきるけど 

アルバムまではいかない

ライブは たくさん演っていて

イベントにも名前が必ずと言っていいほどあがる

ライブに行かれた方のツイなんかを見にいくと

そりゃもう満足されていて

彼を愛していて 彼に愛されていることを体感されているようだ

わかる!彼のライブは とても幸福にしてくれるの わかる!

音で パフォーマンスで 目くばせで 指使いで

彼のライブに行く度に

『女で良かったなぁ~彼のライブを女として観ていられるの最高だ』と

いつも なんどでも 思わせてくれた

今 その人は 絶賛してくれる方々のなかで

満足しちゃっているのかな?

そんなことないって思いたいんだけど

観てもいないライブだから わかんないけど

すこし 心配になった

次は かたくなになっていないで 

ライブ行ってみるかな。

腑抜けになって帰ってくるか

心配が大きくなって帰ってくるか

そもそも 帰ってこられるのか・・・

「折り返し」って 感想を持たれている方をお見かけした

あ~ 今 私がNEWSに感じているのも

その言葉なのかも知れない

大阪 Whiteツアーを観せていただきました

双眼鏡いらないくらいのお席で いろんな角度からみせていただきました

曲と曲のインターバルが長くないか?

って 初めて 彼らのライブで感じたよ

それと パフォーマンスと慣れ合いは違うからね!?

って 感じた

ちゃんと魅せるやり方で ファン喜ばせて欲しいなって

思った

ちゃんと曲を伝えようとしてよ

そのうえで きゃあきゃあ 言われてよ

って

思ったけど

・・・私が 間違っているのかな

それをNEWSに求めてはいけないのかな

彼等は アイドルなんだもんね

指さして 想いで作って また来てくれるような

他のグループと共存しても

自分たちのエリアに居続けてくれるような

あれも これも ぜ~んぶでも

いいんだよね

口先だけで ロマンスひとつ

礼儀知らずの王子様

贈り物が大好きな王子

お礼も言わずに受け取った

(この曲もなんども書いてる気がする)

ちょっと不安なの 

私の気持ちが離れつつあるの?

いや~ダーリン観ると 気持ち上がるんだけどね

他の誰でもなく ダーリンがいちばんなんだけどね

|

« しつこく言う | トップページ | 金の切れ目が縁の切れ目 今月今夜のこの月を »

oni編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しつこく言う | トップページ | 金の切れ目が縁の切れ目 今月今夜のこの月を »