« not 歴女 | トップページ | 横顔にはいつだって顔色が無い キミは打てないピリオド打とうとしている »

床を擦る その裾さえも愛しくて

Photo

今までのどの彼のお芝居よりも

入り込めて

考えさせられて

考えることを惜しまず

答えを貪欲に求め

見つからず放心した舞台でございました

そして 一番 彼を目で追うことのないお芝居で

ございました

昔から怒られていることなのですが

物語に

入り込み過ぎて

客観視ができません

なんど担任の先生に怒られたことか…。

自分が たとえば

あの居酒屋の隣の店主であるような

メガネのお方の奥方であるような

同人誌仲間であるような

お祭り女であるような

そこから 私はみていたようです

とても とても 疲れたのは

泣き疲れとさまざまな疑似体験からきたんだろうな

入魂に入魂で返したみたいなね。

大阪公演も たっぷり どっぷり

たくさんの方を物語に引きずり込んできてね。

わたしは ここしばらく 想い出の人とランデブーしてたみたいな

そろそろ サヨナラして 現実に戻らなきゃconfident

|

« not 歴女 | トップページ | 横顔にはいつだって顔色が無い キミは打てないピリオド打とうとしている »

jyani編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« not 歴女 | トップページ | 横顔にはいつだって顔色が無い キミは打てないピリオド打とうとしている »