« 憧れがいつも 手をひいて | トップページ | 業務放送 業務放送 »

アナタの 足跡は 鮮やかなファンタジア

またひんやりするお天気になってしまって

着用する服も困るし まだ灯油の入っているストーブとか

ホットカーペットとか いつ片付けようかと・・・。

まだ ココアも飲むよなぁ~って

シゲアキさんのNEWS RING 読みました。

私が卑屈になっているだけなんだけど

G活動がそろそろできるってことは

なにか できないなにかがあった ってことなの?

とか とか 思ってしまって 感じてしまって

自分が陰なだけなんだけど

そう思ったら たまらなくなってしまい~の

もやもやの悲しみに包まれちゃったのです。

お姉さん時代の私なら 器用に できたことも

今では 目の前にあることを片付けて 考えて 感じるだけが

精一杯

だから それで 自分本位に身を心を置いていて

たくさん 周りの人に不快な思いをさせていると

反省することもしばしば。

ゴシ君が動いていてくれれば ご機嫌の私は

たぶん それで やきもきしたり 傷ついたりしている人のことを

なにも考えていない

それでもいいんだ と思おうと

してる

なんら彼らの活動の妨げにはなっていない と肯定したいのだ

でも 

でも

そうは 感じていない方々もたくさんいらっしゃるんだろうな

シゲさんは そんなつもりでお書きになったのでは ないだろうけれど

その一文を読んだときに

激しく ツラく感じたんだ

私の思い込み 私の心の置き場しだいなんだろうけれど。

|

« 憧れがいつも 手をひいて | トップページ | 業務放送 業務放送 »

oniでもjyaでも編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 憧れがいつも 手をひいて | トップページ | 業務放送 業務放送 »