« キミの為にできること 何かないと悲しいよ | トップページ | うつむく日は 見つめ合って »

あなたもきっと戦いに胸焦がしているソルジャーだと君がつぶやく

「0号室の客」観て参りました

高田の馬場でなく 新大久保でしたsweat01

ついついね、山手線からみえていたもので 間違えていましたsweat01

いつもテキトーでごめんなさいsweat01

いたって普通のロビーから 劇場に入ると ステキ空間が!!

ドルビーサウンド?っていうのかな?

そんな映画館に慣れてしまって ちと音響が淋しく感じました

できたら 音が後ろ(背中)からも 聴こえてくると

もっと入り込めるのに~と思いました

現代劇でしたし 今どこかで 有りそうなお話なので

すんなりと入っていかれました。

ネタバレだと感じる方もいらっしゃると思いますので

以下 続きより記しますね

慶一郎さんの役柄は TVでこのドラマを見た方なら 

おわかりのあの役柄のままでした

ただ・・・あんなにきょどってましたか??

緊張とか落ち着かないさまを表されていたのかなぁ~????

その表現が終始気になって(ちょっと嫌いな表現方法でした)

性格とかではなくて 病をお持ちのような感じに受け取れて・・・

笑えませんでした。それだけ残念なとこでした。(個人的意見です)

キュンとさせるところはキュンとさせ 笑わせるとこは笑わせて

心配させるとこはいっぱい汗かかせて 楽しめた舞台でした

映像の使い方も楽しかった 

セリフ以上の役割を果たしていたのでは?

なにせパソコンも立派な出演者ですからね

女優陣も お若いのに魅力的でした

あんな風に 役者さんの中に居ると何も心配にならないのは

・・・ ・・・ ・・・ 「自担でない」という無責任な私のココロから来るものなのか

本当に安心してみていられる お芝居でした。

「舞台は成長していくのもの」と最後に慶一郎さんが口にしていました

たしかに その回その回で違うでしょうね。

でも重人くんが とても人間味のある人だという事は

初日から千秋楽まで変らないから どうぞ pointがupするくらい

成長しちゃってください

ステキなものみせて下さってありがとうございましたheart

|

« キミの為にできること 何かないと悲しいよ | トップページ | うつむく日は 見つめ合って »

jyani編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キミの為にできること 何かないと悲しいよ | トップページ | うつむく日は 見つめ合って »